調剤薬局の情報が満載!

薬局での薬剤師の仕事は処方箋に基づき調薬をし、説明などをしながら患者さんにお薬を処方するというのが主な役割です。
点数の計算などは自動的に行う事が出来るシステムがありますし、医療事務を行っている事務員がいるところがほとんどですので、その点は任せる事が出来ます。
いつも利用されている方であれば、前回の情報やお薬手帳の内容を参考にしてアドバイスをしたり不明な点を医師に確認するという橋渡し的なお仕事もしています。

薬局の仕事内容について

薬局の仕事内容について 薬剤師は医師から作られた処方箋を元に、薬剤を調薬して患者さんに間違いの無いように渡すというのが主な仕事です。
医薬品全般にわたっての知識も求められている仕事ですし、もちろん資格を取る際には専門的な知識も学んでいるはずですのでその知識を生かした仕事になります。
また薬局では患者さんへの服用方法の説明や薬についての説明なども行い、間違いなく服用してもらうために説明をきちんと行う事も重要なお仕事です。
薬局ではお薬手帳や前回の処方の情報を元に、飲み合わせなどのチェックすることもお仕事です。
漢方や市販薬、健康食品なども売られているドラッグストアと併設されているような薬局ではさらに幅広い知識も求められる事になります。

薬局でもらうお薬手帳を活用して正確に説明する

薬局でもらうお薬手帳を活用して正確に説明する 薬局で薬を出してもらうときに「お薬手帳はお持ちですか」と聞かれることも増えてきました。
お薬手帳には、これまで使用してきた薬剤の種類や数量、服用形態などが記入されています。
特に複数の病院や薬局を利用して薬を出してもらう時に便利です。
これまで使用した薬剤や病歴を長々と説明しなくても手帳を見せることで薬剤師さんに理解してもらえます。
また、薬には特定の組み合わせで副作用が出やすくなる飲み合わせのものもあり、そうしたことも防ぐことができます。
また薬剤師さんに記入してもらうだけでなく、自分でも薬を服用した後の体調の変化や感じたことなどを記録しておくと、医師や薬剤師さんに説明するときも正確にできるようになりますし、言わなければならないと思っていたことを忘れることも防げます。
最近では災害も増え、避難しなければならない場合も増えてきましたが、避難先で体調をくずしたり、救急の場合なども常用している薬を正確に伝えることができます。
旅行などに行く場合も持参していくと、旅先で初めて診察を受ける病院や薬局でも、お薬手帳を見せることでこれまでの病状や服薬の経過などを正しく詳しく伝えることができるので、常に携帯しておきたいものです。
家族の中でもお互いの手帳がどこにあるのかを伝え合っておくといざという時にあわてないでよくなります。

M&Aに関するお役立ちリンク

経験豊富な薬局M&Aの会社

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>